また会いたいと異性に思わせるためのコツ

 

相手にまた会いたいと思わせたら次のデートにも繋がりますしそう思わせた時点で相手はあなたのことが気になっています。でもどうすれば相手にそう思わせることができるのでしょうか?

 

今回は相手にまた会いたいと思わせるテクニックをご紹介します。

 

物足りないと思わせる

気になっている人や憧れの人のデートでは少しでも長く一緒にいたいと思います。でもそんなときに最初のデートは早めに切り上げることがポイントです。

 

予定があるなどの理由で早めに帰宅しその後「本当はもっと一緒にいたかったんだけど今日は予定があって早く帰ってごめんね!」などフォローメールを入れておくことで相手にその気があれば「じゃあ次の休みに会おうよ!」と言ってきてくれると思います。

 

聞き上手になる

自分の話を聞いてくれる、共感してくれる相手に人は心を開きます。ですからまずは聞き役に徹することがいいでしょう。多くの人は自分の話を聞いてくれず自分の話ばかりする人が嫌いです。ですから相手の話を聞いてあげる。話し下手の人ならいろいろ話を引き出してあげるために「◯◯さんはどう思う?」とか「◯◯ってこと?」とか聞いてあげるといいでしょう。

 

さいごに

また会いたいと思わせるにはやはり相手への優しさが大切だと思います。ただ優しくするだけでなくもっと一緒にいたいと思えるような部分を刺激してあげるとまたデートしたいと思ってくれます。

また会いたいと思われるためのコツ記事一覧

たしかに学生から社会人になると環境の変化や覚えることが多くなりなかなか出会いを作る時間というのは減ってきます。学生時代よりも出会える環境ではなくなるため多くの人は職場での出会いがほとんどになってしまうのではないでしょうか?都会であればまだ出会いは多いと思いますが地方の田舎にいくと更にこの傾向が顕著になります。ですが実際に社会人になると出会いは少なくなるかと言われればそれはNOです!ソース元は忘れてしまったのですが20代〜30代の未婚男女にアンケートをとった結果恋人が欲しいと答えた人が約6割、その中で恋人と交際する上での不安は何か?と聞いたところそもそも出会いがないと答えた人が約半数でした。やはり社会人に出会いがないというのは本当なんだと思います。しかしながら出会いのきっかけさえあれば恋人が欲しいと考えている人はかなり多いと思います。上記のアンケート対象が仮に1万人だとしたら出会いがないと答えた人数はおおよそ3000人です。このことを踏まえて出会う為に行動を起こせばいくらでも出会えるということです。出会いは実はないようで自分から行動を起こせばいくらでもあります。でも恋人なんてできないよ、めんどくさいよと思ったらきっといつまでたってもできません。ですから恋人が欲しいと望むならなにか行動を起こすところからはじめましょう!

口下手よりも口が上手いほうがモテる。そんなふうに思っていませんか?それは本当であるとも言えますがそうでないとも言えます。大切なのは自分が口が下手と自覚することです。口が上手い人はそのままでいいのですが口下手な人が上手く話そうとするとかえって失敗してしまいます。そうではなく口下手ならそのままありのままの自分で女性と接すればいいだけのことです。もちろん合コンや飲み会では話し上手な人のほうがいいのは事実です。しかし口下手であればおちついて話す、むしろ相手の聞き役に徹するということが良いでしょう。実は女性の多くは相手の話を聞くよりも自分の話がしたい、そして共感して欲しいと思っているものです。ですので聞き役に徹して「そうだよねぇ」「うんうん、わかる」と共感することのほうが相手によく思ってもらえると思います。ですので口下手な人は決してうまくしゃべろうなんて気負うことはありません。そうすると絶対に失敗してしまいますし無理をせずに自然体で女性と接することが大切です。難しい言葉ですが傾聴力というものを身につけるだけで女性とのコミュニケーションはよくなります。ですので無理せずに聞き上手になることを目指していきましょう。そんなんでモテるの?と思われるかもしれませんが話を聞いてくれる人=自分のことを考えてくれる人と思ってくれるものです。ですから無理に自分を変えようとはせずに自分の良いところを少しずつ伸ばしていく努力をしてきましょう!